自由悠遊

サイクリング・ハイキング・旅先で撮った、風景・名所旧跡・動植物(特に昆虫)

赤目四十八滝で耐寒紅葉めぐり2

つづき

さらに奥へ上流へ、こんな美しい景色の中を歩いていく。

f:id:yamamayuga:20191116010025j:plain

無色透明の澄んだ清流は、水の底までよく見える。

入口から2600m、赤目五瀑その4:荷担滝。

f:id:yamamayuga:20191116010038j:plain

f:id:yamamayuga:20191116010050j:plain

高さ8m、2つになって流れる滝で、近景(上)も遠景(下)もすばらしい。

入口から2870m、赤目五瀑その5:琵琶滝。

f:id:yamamayuga:20191116010102j:plain

高さ15mの滝+滝壺とセットで、楽器の琵琶の形に見える滝。

入口から3290m、計18個ある滝の最後は巌屈滝。

f:id:yamamayuga:20191116010115j:plain

ここから来た道を引き返し、前記事最初の入口まで戻る。

入口の建物の中はサンショウウオセンターになっており、珍しいアルビノサンショウウオに魅了された。

f:id:yamamayuga:20191116010128j:plain

めっちゃカワイイ♪と私は思ったのだけど、当時やってたブログ(悪ノリも下品な話もOKなブログ)にそのように書いて写真アップしたら、コメ欄に「かわいくないwww」「ふやけたチ●コwww」「右曲がりですねwww」とかいう意見が(爆)

入口前の売店には、赤目名物へこきまんじゅうを買い求める行列ができてた。
「へこき食べてく?」「へこきおいしそう!」と若い女性も上品そうな紳士淑女も、みんな「へこき」言いまくりw
さつま芋の生地でできたまんじゅうですが、1度聞いたら忘れないネーミング^▽^

帰りのバスを待つ間、動いてないと寒いので、そこらへんをウロつく。
バスでは通過してしまうゲートまで行ってみると。

f:id:yamamayuga:20191116010144j:plain

もみじが真っ赤っ赤~。