自由悠遊

サイクリング・ハイキング・旅先で撮った、風景・名所旧跡・動植物(特に昆虫)

生駒山上遊園地と生駒山山頂

つづき

信貴生駒スカイラインの下をくぐり、階段を上がっていくと、大量の鉄塔が目に飛びこんできて、いつのまにか生駒山上遊園地に突入。

f:id:yamamayuga:20191228002452j:plain

生駒山の山上には報道各局の電波送信所があり、鉄塔も電柱も電線もいっぱい、風情のない景色ですみません^^;
生駒山上遊園地は入園無料の遊園地で、この時期は冬季休業期間ですが、休業中も自由に出入りできる。

園内のトレインアトラクション。

f:id:yamamayuga:20191228002507j:plain

駅名標識に「頂上 なら←→おおさか」とあり、ここから左が奈良県生駒市、右が大阪府東大阪市

このアトラクションの線路の内側に、標高642mの山頂と一等三角点。

f:id:yamamayuga:20191228002530j:plain

東大阪から奈良県生駒市に入り、遊園地の中を歩いていく。

ゴーカート場越しに奈良側の景色を眺める。

f:id:yamamayuga:20191228002542j:plain

ゴーカート場のほうにピントが合ってしまい、景色がピンボケですが^^;

近鉄生駒ケーブル生駒山上駅

f:id:yamamayuga:20191228002618j:plain

営業用ケーブルカーとしては日本初、大正7年から運行されてる歴史あるケーブル。
鳥居前駅から生駒山上駅まで全5駅、ケーブルでは珍しい複線で、踏切も3ヶ所ある。

オルガンをモチーフにしたドレミ号が停車してた。

f:id:yamamayuga:20191228002638j:plain

車体に音符があしらわれ、前面下部は鍵盤の形になっており、ポップでカワイイ♪

と紹介しときながら、このケーブルには乗らず、生駒山上駅の左手の道を歩いて下山。

f:id:yamamayuga:20191228002655j:plain

正面に町並みと山並みを遠望しながら、石畳道を下りていく。

つづく