自由悠遊

サイクリング・ハイキング・旅先で撮った、風景・名所旧跡・動植物(特に昆虫)

もりだくさんな宝山寺と門前町

つづき

半分ほど下山して、生駒山の奈良側中腹にある宝山寺に立ち寄る。
本当は石段の参道と鳥居と惣門があるのだけど、下りてきて境内にいきなり突入した。

f:id:yamamayuga:20191230024809j:plain

右手前は本堂、その奥はお寺なのに拝殿、左上は多宝塔。
初詣客がいっぱい、本堂にも拝殿にも行列ができてた!

本堂となりの拝殿と鳥居。

f:id:yamamayuga:20191230024830j:plain

もう何が何やらわからないほど、人がめっちゃ多い^▽^;

人混みの中をすり抜けて、複数のお堂の前を通過して、多宝塔の前からの眺め。

f:id:yamamayuga:20191230024912j:plain

いろんなお堂が林立する境内の背後に、木越しに町並みが遠望できる。

両脇に無数のお地蔵さんが並ぶ、杉木立の中の奥ノ院参道。

f:id:yamamayuga:20191230024924j:plain

行列ができてたけど、人が途切れた瞬間に振り返って撮影した。

奥ノ院本堂。

f:id:yamamayuga:20191230024938j:plain

多宝塔からここまで徒歩10分ぐらい。
生駒ケーブル梅屋敷駅宝山寺駅よりも1駅山上側)が近くにあるため、参拝だけが目的なら、ケーブルを往路は宝山寺駅まで、復路は梅屋敷駅から乗る手もある。

来た道を歩いて戻り、国重文の獅子閣をのぞむ。

f:id:yamamayuga:20191230024950j:plain

明治時代に建てられた擬洋風の客殿、お寺にこんなレトロモダンな建物が♪

大規模で見どころたくさんの宝山寺をあとにして、門前町を歩いて下山。

f:id:yamamayuga:20191230025005j:plain

f:id:yamamayuga:20191230025020j:plain

趣ある旅館街の向こうに生駒の町並みが見えて、ステキな風景でしょ?
昔ながらの和風旅館が建ち並び、風情あふれる門前町と思うでしょ?
こちらの門前町は普通の旅館街ではなく、旅館の形態をした風俗街といいますか、現存する遊郭といいますか、女の子と本番ありで遊べる旅館街なんですよ(爆)

お寺の門前町ですが、ご利益あるのかバチ当たりなのかわからんww
※旅館街の件は一般知識であり、体験談ではありません、念のため^^;
今年最後の記事の〆がこんな話で失礼しました(苦笑)

読者登録してくださってるみなさん、いつもコメやブクマや☆をくださるみなさん、読んでくださるすべてのみなさん、本年はありがとうございました、本当に感謝です。
年明けは1月2日未明から更新する予定でいます。
来年もどうぞよろしくお願いします、それでは良いお年を☆〃