自由悠遊

サイクリング・ハイキング・旅先で撮った、風景・名所旧跡・動植物(特に昆虫)

冬の智頭線3智頭宿雪まつり

つづき

岡山県から鳥取県に入ると雪深くなり、智頭線終点の智頭(ちず)駅に到着。

f:id:yamamayuga:20200130010956j:plain

智頭町は鳥取県南東部の山間の町で、今年は雪がないかもしれないけど、3年前には災害レベルの大雪被害に見舞われ、私が行ったのはその翌年、ちょうど良い感じに大雪でも雪不足でもなく、ご覧の通りの雪の量^^

大きなカワイイ雪像

f:id:yamamayuga:20200130011018j:plain

裏側は滑り台になってる。

智頭宿は因幡~美作~播磨を結ぶ街道の因幡側の宿場町で、一昨年の智頭宿雪まつりの日に行った。

f:id:yamamayuga:20200130011030j:plain

開催日が2月3日だったので、節分の鬼のかまくら
今年は2月1日に開催されるそうですが、雪まつりの日に雪があるかどうか(苦笑)

宿場町らしい趣ある古い町屋の軒先。

f:id:yamamayuga:20200130011043j:plain

帽子かぶってる雪だるま風のは雪灯籠で、雪まつりの日の夜に明かりが点灯される。

各お宅の軒先にいろんな雪だるまがいて、個人的に気になったのがこちら。
※一昨年はパンダのシャンシャンが生まれた年度でした。

f:id:yamamayuga:20200130011057j:plain

「ぼくの名前はジャンジャンです。智頭にじゃんじゃん来てください。」という手書きの説明が添えられてる^o^

1897年頃築の塩屋出店。

f:id:yamamayuga:20200130011112j:plain

前に並んでる円柱形の雪塊は雪灯籠、大阪から弾丸日帰りなので、夜の点灯時間までいなかったけど、智頭宿一円のあちこちに雪灯籠が並び、夜は幻想的な風景だと思う。

〆は興雲寺のお寺らしい雪像

f:id:yamamayuga:20200130011128j:plain

石段の手前にドーンと、大きなハスの花♪