自由悠遊

サイクリング・ハイキング・旅先で撮った、風景・名所旧跡・動植物(特に昆虫)

星のブランコ in ほしだ園地

冬に交野市のほしだ園地でプチハイキングした時の記録。
交野は「かたの」と読み、奈良県に一部接する大阪府北東部の市で、京都府にも近い。

しばらく天野川沿いの遊歩道を歩いていくと、ピトンの小屋という案内所があり、その向かいにクライミングウォール。

f:id:yamamayuga:20200213000718j:plain

登ってる人が1人小さく写ってますが、けっこうな高さ&すごい傾斜!

星のブランコへ行く道はいくつかあるけど、この近くから「ぼうけんの路」に入ると、急だけど距離が短くて早道で、急といっても実際それほどでもなく、よく整備された丸太階段を上がること20分後には・・・。

f:id:yamamayuga:20200213000733j:plain

目の前に星のブランコ登場~♪

星のブランコを渡りながら撮影。

f:id:yamamayuga:20200213000835j:plain

高さ50m・長さ280mの立派な吊り橋で、揺れは少しだけ。
ほしだ園地とか天野川とか星のブランコとか、ロマンチックな名称ですが、星田というのは地名で、交野市は七夕伝説発祥の地とも星の町ともいわれる。

2枚目の写真が逆光だったから、反対側からも撮影。

f:id:yamamayuga:20200213000849j:plain

大阪の標高500mに満たない低山は、照葉樹が多いのが一般的だけど、ここは落葉樹が多く、オススメは紅葉の時期で、冬は木々が少々さみしい風景^^;

星のブランコを渡った後、展望スポットに立ち寄る。
手前に星のブランコを見下ろしながら、大阪府交野市・枚方市島本町京都府八幡市大山崎町付近が奥に見える眺め。

f:id:yamamayuga:20200213000915j:plain

左奥のなだらかな低山は先月記事にした天王山、右のさらに低い山は石清水八幡宮のある男山。

島本・洛西方面の眺め。

f:id:yamamayuga:20200213000944j:plain

背後にいろんな山が重なってますが、正面の最も高い部分は、京都の愛宕山(標高924m)の頭が見えてる。

八幡・洛中方面の眺め。

f:id:yamamayuga:20200213001002j:plain

八幡の町並みと男山が左手に見え、右奥にうっすら京都市内の市街地も見える。

「つつじの小路」と「さえずりの路」を歩いて戻る途中、星のブランコの全景を横方向から見下ろす。

f:id:yamamayuga:20200213001023j:plain

このあとピトンの小屋まで下りた後、来た時と同じ道を戻った。