自由悠遊

サイクリング・ハイキング・旅先で撮った、風景・名所旧跡・動植物(特に昆虫)

松山城ハイキング

一昨年の梅咲く頃、LCCのセールで関空~松山が片道1990円になってまして。
自宅から関空までの電車賃が片道1000円以上かかるので、実質的には片道3000円超ですが、それでも安いので、これは行くしかない!と無理やり休み作って行ったのだった^^

松山空港に到着後、リムジンバスで市街地に出て、まずは日本百名城の松山城へ。

f:id:yamamayuga:20200221071732j:plain

手前の石垣の上は二之丸史跡庭園、奥の標高132mの山上に現存天守が見える。

黒門口登城道から登っていくと、史跡庭園を過ぎたあたりでいったん石垣が途切れ、整備の行き届いた山道になり、その山道を登ると再び石垣が現れて、ほかの登城道と合流する。

f:id:yamamayuga:20200221071839j:plain

雲ひとつない青空に、櫓も石垣も映える♪

左に戸無門、右に隠門と隠門続櫓、いずれも国重文。

f:id:yamamayuga:20200221071909j:plain

左奥の櫓は太鼓櫓。

隠門と太鼓門をくぐり、本丸をしばらく行くと、ついに現存天守キター。

f:id:yamamayuga:20200221071937j:plain

遠近法で大きく見える左端の建物は小天守で、真ん中奥が大天守、その手前(石垣の上につながってる部分)は左から一ノ門南櫓・一ノ門東塀・二ノ門南櫓、すべて国重文。

天守と小天守の2ショット@手前に梅の花を入れて。

f:id:yamamayuga:20200221072003j:plain

梅の紅・空の青・天守の白、色彩のコントラストがめっちゃ鮮やか☆〃

別の角度から。

f:id:yamamayuga:20200221072032j:plain

真正面が大天守で、左の小天守の下の門は、これまた国重文の紫竹門。

北西の眺め。

f:id:yamamayuga:20200221072054j:plain

松山の市街地の奥に、島々の浮かぶ美しい海が見える。

東南東の眺め。

f:id:yamamayuga:20200221072130j:plain

奥に見える冠雪した山は、西日本最高峰で日本百名山石鎚山(標高1982m)。

お城も天気もすばらしく、海の眺めも山の眺めも楽しめて、一石二鳥だった♪
このあと東雲口登城道を下山した後、次は東へ3kmほど歩いて霊場へ。

つづく