自由悠遊

サイクリング・ハイキング・旅先で撮った、風景・名所旧跡・動植物(特に昆虫)

門司港レトロから関門海峡へ

冬に沖縄へ行った時、発着地の関空那覇も晴れてたのに、大雪の成田から機体が帰ってこないという理由で、LCCが9時間遅延したことを以前書いた。

これには後日談があり、大幅遅延のお詫びとして、数千円分のフライトの期限付タダ券をいただき、期限内にタダ券を使って、沖縄旅行の約3ヶ月後に福岡へ飛んだ。

年に2回も2泊以上の旅をしたのは、今までの人生でこの時だけ。
当時の私はまだ35歳手前でしたが、旅疲れで白髪生えましてん(爆)
いや、旅疲れとか関係なく、そういう年頃なんちゃうん?思ってたけど、その後しばらく旅行しないでいたら、黒髪ワッサ~生えてきたww

1日目:福岡市内と大宰府を観光→高速バス移動→小倉で宿泊。
2日目:小倉城散策→門司と下関を観光→新幹線移動→広島で人に会う&宿泊。
3日目:広島市内と宮島を観光。

という旅程の中から、2日目に歩いた門司・下関について、2回に分けて記事にします。

f:id:yamamayuga:20090713143900j:plain

JR門司港駅大正3年築、九州最古の現役木造駅舎で、国重文に指定されてる。

レトロモダンな建造物めぐり in 門司。

f:id:yamamayuga:20130424102753j:plain

f:id:yamamayuga:20130424103724j:plain

上は大正10年築の旧門司三井倶楽部、国重文に指定されてる。
三井物産の接客・宿泊施設として建てられ、アインシュタインも宿泊したそうな!
下は大正6年築の大阪商船。

歩行者専用の跳ね橋、ブルーウィングもじを渡る。

f:id:yamamayuga:20130424105558j:plain

ちょうど渡った直後、「これから橋が開きますので、渡られる方はお急ぎください」のアナウンスがあり、振り返ると。

f:id:yamamayuga:20130424110821j:plain

あまり時間がないので、橋が跳ね上がるのを見るのは半分あきらめてたんですが、ナイスタイミングで見れたぁ♪

左に旧門司税関、右奥に跳ね上がったブルーウィングもじを入れて。

f:id:yamamayuga:20130424111022j:plain

このあと関門海峡を徒歩で渡りたいので、しばらく歩いていく。

ノーフォーク広場に到着。

f:id:yamamayuga:20130424114349j:plain

f:id:yamamayuga:20130424114632j:plain

上:イカリの像の向こうに、関門海峡関門橋が見える。
下:海辺の眺め、橋はもちろん関門橋、対岸正面の山は下関の火の山^^

つづく