自由悠遊

サイクリング・ハイキング・旅先で撮った、風景・名所旧跡・動植物(特に昆虫)

猪名川沿い散歩ルートと見どころ

遠出や府県をまたいだ外出はまだ自粛して、近くの河川敷をウォーキングしたりジョギングしたりしてますが、限りなく兵庫県に近いエリアの大阪府民は気づいた、すでに兵庫県には入ってることに。

我が家から最も近い川・猪名川に架かる橋の上から、南方向(下流側)をのぞむ。

f:id:yamamayuga:20200609010506j:plain

主に左岸が大阪府・右岸が兵庫県だけど、左岸側に兵庫県が張り出してる所もあれば、右岸側に大阪府が張り出してる所もあり、散歩してると途中から兵庫県になったり大阪府に戻ったりする^▽^;

まずは左岸を1枚目とは逆方向(上流側)に進み、利倉橋を渡って右岸へ。
ここは右岸側に大阪府が張り出してる所で、ほどなくして猪名川公園がある。

f:id:yamamayuga:20200609010521j:plain

特に花が咲くでもない、ひたすら木が生えてる公園だけど、南北に長広いので、園内をジョギングするも良し(足元が土だからアスファルトよりも足に優しい)、トイレを借りるも良し。
この公園は2府県にまたがり、公園の中で大阪府から兵庫県に入る。

猪名川公園をあとにして、右岸を上流に向かって歩きながら。

f:id:yamamayuga:20200609010542j:plain

園田競馬場の横付近から撮影、正面に宝塚の中山連山が見える^^
大阪府の南のほうへ行くよりも東のほうへ行くよりも、兵庫県の中山連山を登りに行ったほうが、はるかに近場感があるんですが、ここで今週のお題「外のことがわからない」に投稿。

少しずつ日常が戻ってきた最近、自粛による隔絶感は減り、外のことはわかってるつもりだけど、逆にコロナ問題にまつわる情報が以前ほど逐一入らなくなり、京阪神の府県をまたいだ移動自粛がいつ解除されるのか、もう解除されたのか、わからずにいます。

話を元に戻して、さらに上流へ1kmほど行くと、尼崎市農業公園がある。
四季折々の花が咲く公園で、園内にバラ園・ぼたん園・ハナショウブ園などがあり、今はハナショウブが見頃。

f:id:yamamayuga:20200609010623j:plain

f:id:yamamayuga:20200609010637j:plain

入園は無料で、個人的には春のぼたん園が好きなんですが、種類が多いのはバラ園。

見頃過ぎたバラ園で咲き残ってる中から、気になったバラを。

f:id:yamamayuga:20200609010650j:plain

万葉という品種で、アプリコット色からオレンジ色へ、咲き進むにつれて色が濃くなるバラ。

尼崎市農業公園をあとにして、猪名川橋を渡ると国史跡の田能遺跡があり、復元された竪穴式住居などが自由に見学できて、ここも無料の穴場スポット!
その写真は以前撮ったのがあるけど、撮影したのが12月上旬で紅葉が写っていて、今公開すると季節はずれ感ハンパないので、時期が来たら記事にします^^;

左岸を下流に向って進むと、まもなく兵庫県尼崎市から大阪府豊中市に戻り、工場風景を見ながら歩く。

f:id:yamamayuga:20200609010704j:plain

このあたりは対岸の尼崎側よりも、左岸の豊中側に工場が多い。

もう少しだけ下流に進むと、千里川が猪名川に合流する地点。

f:id:yamamayuga:20200609010718j:plain

ここから千里川堤防を上流側へ500mほど行くと、対岸に伊丹空港が見えてきて、離着陸する飛行機が機体の真下から間近で見られる・撮影できるスポットがあるのですが、今は大幅に減便されてるので、便数が回復してから撮影することにして、猪名川下流側へ戻って家路に着く。