自由悠遊

サイクリング・ハイキング・旅先で撮った、風景・名所旧跡・動植物(特に昆虫)

今井町の古い町並みと重文建造物

奈良県橿原市今井町に全国最大規模の重伝建があり、5年前に散策した。

f:id:yamamayuga:20200621003457j:plain

右の格子窓のお宅は高木家住宅・国重文。
19世紀初頭に酒造業を営んでいた、幕末期の町屋。

同じ通りに河合家住宅・国重文。

f:id:yamamayuga:20200621003513j:plain

18世紀中期築、江戸時代初期から現在まで酒造業を営んでる、現役の酒屋さん。

細い筋沿いに音村家住宅・国重文。

f:id:yamamayuga:20200621003526j:plain

17世紀後期築(のちに増築した部分あり)、当時は金物問屋を営んでいて、今は音楽教室の札がかかってた。
音村だから音楽?いや、偶然ですね、きっと^^;

北に入った所に上田家住宅・国重文。

f:id:yamamayuga:20200621003617j:plain

1744年築、後述する今西家とともに惣年寄をつとめた家。

2本南の筋に称念寺がある。

f:id:yamamayuga:20200621003641j:plain

今井町称念寺寺内町として栄えた自治都市。

称念寺と同じ筋に豊田家住宅・国重文。

f:id:yamamayuga:20200621003658j:plain

1662年築、木材商の所有で幕末には大名貸しを行い、藩の蔵元をつとめた豪商の町屋。
紋章風の○の中の文字は、「木」を表している。

今井町の西端に今西家住宅・国重文。

f:id:yamamayuga:20200621003716j:plain

1650年築、惣年寄の筆頭をつとめていた家で、ひときわ古くて大きな邸宅!

今西家を横から見ると、豪邸なのがよくわかる。

f:id:yamamayuga:20200621003730j:plain

今井町の重伝建はとにかく見事で、江戸時代の建物が広範囲にまとまって現存し、しかも空き家が少なく、古い代から現代まで住まれてるお宅が多い。

余談ですが、橿原といえば思い出す、大学時代(大阪府下の大学です)に乗り換える駅を寝過ごして、そのまま橿原まで行ってしまったことがあって(苦笑)
いや、橿原までならまだ序の口。

準急の終点が橿原神宮前なんですが、急行だと吉野まで行ってしまい、1度だけ吉野に行きかけて、目覚めたら車窓の外が緑1色で、見慣れない林の中を電車が走ってた時はビビッた@o@
近鉄電車は営業区間が長く、遠くまで行けるのが利点だけど、寝過ごすとヤバい(汗)