自由悠遊

サイクリング・ハイキング・旅先で撮った、風景・名所旧跡・動植物(特に昆虫)

ウメエダシャクの顔とアオサギと猫

今年もウメエダシャクの羽化シーズンがやって来た。
ウメエダシャクについては昨年のちょうど今頃、以下の記事に写真アップしたけど、後ろ姿1枚しか撮れなかったので、今年は正面ショットに挑戦。

葉っぱに止まりたそうにしてた個体が葉裏に入りこんだのを、そっとのぞきこむと。

f:id:yamamayuga:20200603024652j:plain

翅半分と腹部だけ隠れて、ひょっこり顔の正面が見えて、めっちゃカワイイ♪
でも、ちょっとピントが・・・(汗)
撮影後にデジカメの画面で確認する時、写真がピント合ってへんのか、私の目が老眼でピント合ってへんのか、わからんかったけど前者だった、じゃなくて両者だった(爆)

少しだけ角度を変えて撮った、さっきよりもピントの合った写真を。

f:id:yamamayuga:20200603024714j:plain

産卵ではなく寝床を探してたようで、目立たない葉裏でこのままお休みにzzz
ちなみに、ウメエダシャクはシャクガの一種で、幼虫が尺取虫の蛾です^^
蝶と蛾の違いは、触覚の先っちょがこん棒のように丸くなってるのが蝶で、このように先っちょが尖ってるのは蛾、触覚全体がクシ状になってるのも蛾。

それにしても散歩先で写真撮る時、老眼鏡持ち歩かなあかんかな?
遠近両用ではない老眼鏡ユーザーのみなさん、どうされてますか?
ほかには暗い所で手元が見えにくくて、二つ折り財布の小銭入れの中身が陰になって、100円玉なのか50円玉なのか10円玉なのかわからんくて、財布を腕の長さまで遠ざけて支払う姿は、我ながら滑稽だったり(苦笑)

老眼トークから話を戻して^^;、同公園にいる昆虫以外の生き物を。

f:id:yamamayuga:20200603024733j:plain

f:id:yamamayuga:20200603024750j:plain

f:id:yamamayuga:20200603024804j:plain

いつもアオサギが1羽と、たまに野良猫がいる=^・^=

生駒北部の高山竹林園と国宝長弓寺

一昨年の5月から6月になったばかりの頃、清滝峠を越えて奈良県生駒市北部エリアまで、MTB自走した。

まずは茶筅の里・高山地区の高山竹林園へ。

f:id:yamamayuga:20200601013129j:plain

高山地区は大阪府京都府にはさまれた生駒市最北部に位置し、室町時代から茶筅(茶道で使うモフモフのやつ)が生産され、全国シェアはなんと90%以上!

入園は無料で、竹の生態園(上・中)と日本庭園(下)を散策。

f:id:yamamayuga:20200601013146j:plain

f:id:yamamayuga:20200601013202j:plain

f:id:yamamayuga:20200601013224j:plain

茶筅の材料には茶道の流派によって、いろんな竹が用いられるそうで、竹ってこんなに種類があったのかと驚くほど、多種多様な竹が生えてた。

次は高山地区から南下して、長弓寺へ。

f:id:yamamayuga:20200601013244j:plain

f:id:yamamayuga:20200601013300j:plain

上:参道、下:本堂(鎌倉時代の1279年築)。
聖武天皇の勅願により、行基が開創したといわれる古刹で、本堂は国宝指定。

長弓寺は国宝寺院であるとともに、あじさいの隠れた名所でもある。

f:id:yamamayuga:20200601013325j:plain

全体的にはまだ咲きはじめだったけど、しっかり色づいたあじさいも。

f:id:yamamayuga:20200601013344j:plain

国宝建築があってあじさいも咲くのに、ここもまた無料で、観光客らしき人も見かけず(ご近所さんっぽい人達はいましたが)、穴場スポット♪

ボクサーパンツで作ったマスク

ボクサーパンツの尻側の生地を切ったり縫ったりして、マスクを作った。
生地が薄くて伸縮性があるうえ、表布と裏布で伸縮性も素材も異なるボクサーパンツを用いたこともあり、ミシンで縫いにくくて手縫いして、ステッチもかけてないので、ビシッとした仕上がりではありませんが(汗)

f:id:yamamayuga:20200530000004j:plain

やっぱりちょっとパンツ感あるかな、立体部分(鼻の部分)が股間っぽく見えて^^;
表布は綿100%の黒いボクサーパンツを、裏布は綿・ポリエステル混紡の薄紫のボクサーパンツを使い、上下がわかりにくいので、左右の上部にリボン型の飾りをつけた。

それにしても薄紫のボクサーパンツって珍しいでしょ?
ステイホーム中にタンスの整理して出てきたもので、約20年前のクリスマスに予定のない友達同士で集まってプレゼント交換した時に当たった、前の部分がシースルーになってる変態パンツでして(爆)

若い時に友達数人でプレゼント交換すると、喜んで使ってもらいたい欲求よりも、笑いを取りたい欲求のほうが勝って、みんなふざけたプレゼントを持ってくるw
そして私が当たったのは、変態パンツ+おーいお茶のパロディのローション^▽^;;

もう手元にないけど、見た目はおーいお茶ソックリで、中身は緑茶色のローションが入っていて、容器に「伊藤園」のロゴをパクッた「亀頭園」というロゴが(爆)
はてなの規約的に、タートルヘッド園を伏字なしで漢字表記するのはどうかと思ったけど、胃や肺に同じく人体の部位の名称なので、これは下ネタではなく、医学の話ですw

京都府立植物園の珍しい花

5年前の晩春から初夏へ変わる頃、1度だけ京都府立植物園を訪れたことがある。
季節の花が咲いてるかなぁと思いながら(京都に対する勝手なイメージで、和風の花を思い浮かべながら^^;)入園すると、な、何じゃこりゃ!?

f:id:yamamayuga:20200528024727j:plain

エキウム・ウィルドプレッティ、カナリア諸島原産の高さ3m以上になる植物で、別名宝石の塔ともいわれる。
多くの日照時間を必要とし、日本の気候では育てるのが難しいらしいけど、なぜか京都府立植物園の園内あちこちに植えられ、ニョキニョキッと存在感を発揮してた@o@

エキウム・ウィルドプレッティを近くから見上げる。

f:id:yamamayuga:20200528024741j:plain

何が花で何が葉っぱなのか、ものすごくわかりにくいけど、表面の紅の部分が花で、緑の部分が葉っぱだそうです^^

京都府立植物園は現在、開園はされてるけど温室はまだ閉館されてるようですが、その温室で撮った花の写真を。

f:id:yamamayuga:20200528024807j:plain

ブルーハイビスカス、寒色系のハイビスカスって珍しい♪

名前わからない、花なのか実なのかもわからない熱帯植物。

f:id:yamamayuga:20200528024920j:plain

細かいのが密集して、人の顔以上の大きさの塊を形成し、質感はビロード調。。。

アマゾンユリ。

f:id:yamamayuga:20200528024932j:plain

遠いコロンビア原産ですが、花らしさがあって安心しますね^^;

アリストロキア・サルヴァドレンシス。

f:id:yamamayuga:20200528024944j:plain

エルサルバドル原産・ウマノスズクサ科、まるで海洋生物のような(?)花姿も、絶対覚えられそうにないネーミングも、何じゃこりゃ@o@

温室を出て、再び屋外の園内を散策すると、デルフィニウムが色とりどり。

f:id:yamamayuga:20200528024958j:plain

右端手前に切れて写ってるのは、例のエキウム・ウィルドプレッティ^▽^

チュウキンレン。

f:id:yamamayuga:20200528025012j:plain

中国雲南省インドシナ半島原産のバショウ科の花、はじめて見た!

温室で珍しい花が見られる植物園はほかにもあるけど、屋外にまで変わった植物がたくさん植えられてるのは、なかなか珍しい。

アオアツバとハエとハナアブと花

昨夜のこと、マンションの外壁にお客さんが来てた。

f:id:yamamayuga:20200526020002j:plain

ヤガ科アツバ亜科のアオアツバさん、ようこそ~\(^o^)/

外壁にへばりつくように近寄って(←不審人物w)、顔が見える角度から接写。

f:id:yamamayuga:20200526020016j:plain

顔はテングチョウにちょっと似てる。。。

我が家に来た小さなお客さんつながりで、部屋の中にも。

f:id:yamamayuga:20200526020030j:plain

って何の写真撮ってんねん(爆)という感じですが、この角度・この陰影、ハエの背中が哀愁チックに撮れたと自画自賛^^;

お口直しに花の写真 feat.やっぱり虫の写真w

f:id:yamamayuga:20200526020044j:plain

キショウブに止まってるハナアブは、キベリヒラタアブかな?
吸密活動中ではなくお休み中で、さっきのアオアツバもそうだけど、体色に近い色の所に止まって休むのが賢い。

今度こそ花が主役の写真を。

f:id:yamamayuga:20200526020058j:plain

f:id:yamamayuga:20200526020109j:plain

上はサツキ、下はマツバギクフジツボにも負けへんビッシリっぷり^▽^

全然関係ないけど、おもしろい替え歌をYouTubeで見つけたので、貼っときます。
プロのオペラ歌手が歌う、「フニクリ・フニクラ」の替え歌の「鬼のパンツ」の替え歌の「アベノマスク」w

0:40~の「縮むぞ」と演奏後のオチがツボにハマッた。。。
うちもまだアベノマスクが届いておらず、ベツノマスクを下着のパンツで制作中ですw