自由悠遊

サイクリング・ハイキング・旅先・散歩先で撮った、風景・名所旧跡・動植物

靭公園バラ園の秋バラ

雲ひとつない秋晴れの日、大阪の都心にある靭(うつぼ)公園へ。

f:id:yamamayuga:20211015040602j:plain

ビル街のオアシスのような公園で、大阪市内を自転車で縦断する時、トイレ休憩などに利用したり、学生時代に就職活動した時、1社目と2社目をめぐる間に中途半端な空き時間ができて、ここでヒマつぶしたり^^
バラ園には170品種3400株のバラが植えられており、無料でバラが見放題♪

クリスチャン・ディオール

f:id:yamamayuga:20211015040616j:plain

いかにもバラらしいバラで、名前にふさわしくエレガントで高貴な雰囲気。
もしもスポーティーな雰囲気のバラが作出されたら(ってどんなバラか想像つかんけど^^;)、アディダスとかリーボックとか命名されるのだろうかw

アイスバーグ

f:id:yamamayuga:20211015040629j:plain

これでもかというほど超絶満開^o^

青空を背景にした縦ショット2種。

f:id:yamamayuga:20211015040642j:plain

f:id:yamamayuga:20211015040653j:plain

上:ピース、薄黄色にほんのり薄ピンクのグラデーションが入ってる。
下:オータム、こんな形のボディスポンジ持ってますw

バラらしくない一重咲きのバラ2種。

f:id:yamamayuga:20211015040719j:plain

f:id:yamamayuga:20211015040727j:plain

上:サラバンド、この品種だけ咲いてたらバラと気づかないかも?
下:ドナルド・プライア、まるでハナミズキのよう@o@

クマバチと元気な草

デュランタから吸蜜するクマバチの後ろ姿。

f:id:yamamayuga:20211012013340j:plain

羽を縦に閉じた瞬間が撮れて、まるで花に向かって「気をつけ、礼」をしてるよう^^;

お顔拝見。

f:id:yamamayuga:20211012013353j:plain

このように顔面黒1色なのはメスで、オスは目と目の間に白っぽい△マークがある。
クマバチは単独行動の(つまり女王蜂も働き蜂もいない)温厚なハチだけど、メスは刺す針を持ってるから、邪魔しないように退散。。。

ちなみに、空中でホバリングしてるクマバチはたいがいオスで、こっちに向かってくる時は動くものに反応して、メスかどうか確かめに飛んできてるだけとか。
いやいや、どこからどう見ても人間がクマバチのメスには見えへん思うけどw

次は公園の花壇に出現した巨大な葉っぱ、何の植物だろう?

f:id:yamamayuga:20211012013409j:plain

葉のサイズは人間の顔よりもでかく、太い茎の根元には茶色いモシャモシャがある。
背後のトイレの前にホースが写ってますが、この時ちょうど清掃中で、年季入ってるけど掃除は行き届いてる系の公衆トイレです、ってそんなトイレ解説いらんて?(爆)

次は今週のお題「お風呂での過ごし方」について。
我が家はトイレの横に浴槽があるユニットバスなので、浴槽の中で体をワシャワシャ洗って、お湯抜きながら裸のまま浴槽洗って、リラックスタイムというよりも、体なり頭なり浴槽なり何かしら洗ってるタイムw

このタイプのバスルームは不人気らしいけど、洗い場がないから風呂掃除の範囲が浴槽だけで済むし、ついでにトイレ掃除もできるし、トイレ入ったついでにシャワー浴びれるし、一人暮らしには便利で効率的♪
暑い季節はシャワーで済ますことが多く、今もまだシャワー。

10月になっても残暑で、植物がこんなに元気モリモリな今日この頃です。

f:id:yamamayuga:20211012013507j:plain

植込みから雑草生え放題(爆)

花の文化園のケイトウと珍しいコスモス

岩湧山ススキ見ハイキングの記事を以前書きましたが、下山後に同じ河内長野市にある花の文化園で撮った写真を放出します。

久留米ケイトウ

f:id:yamamayuga:20211009022912j:plain

鮮やかなビビットカラーの丸っこいのがいっぱい、めっちゃカワイイ♪

ボンベイグリーン。

f:id:yamamayuga:20211009023119j:plain

薄緑色したケイトウって珍しい@o@
ケイトウは大きく分類すると、久留米ケイトウ・トサカケイトウ・羽毛ゲイトウ・ヤリゲイトウ・野ゲイトウの5種類あるそうで、ボンベイグリーンはトサカケイトウに分類される。

羽毛ゲイトウのチャイナタウン。

f:id:yamamayuga:20211009023131j:plain

燃えさかる炎のようにも見えるし、深夜の通販番組で売ってるアメリカのモップのようにも見えるw

ヤリゲイトウの金峰(上)と、野ゲイトウのホルン(下)。

f:id:yamamayuga:20211009023146j:plain

f:id:yamamayuga:20211009023158j:plain

ケイトウにもいろんな種類があって、なかなか奥が深い。。。

リボンアンドビーズ。

f:id:yamamayuga:20211009023215j:plain

これはケイトウではないけど、ヒモゲイトウという別名のある花。

次は珍しい色のコスモス。

f:id:yamamayuga:20211009023230j:plain

花びらの中心近くはパープル系で、全体的にはストッキングみたいなベージュ色してる@o@
左手前のレモンイエローのコスモスはイエローキャンバス。

昔うちの親が乗ってた三菱ギャランシグマが、なぜその色をチョイスした!?思うような、こんな感じのストッキング色した車だったのを思い出すw
日本人の肌色なので、(そんなんせーへんけど)もしも車の前で全裸で立ったら、保護色になって車に同化しそうな色合いでw

〆は八重咲きのコスモス。

f:id:yamamayuga:20211009023243j:plain

花びらいっぱいでゴージャス☆〃

ヒメクロホウジャクと渋いトンボ

まずは近所の公園にて、フヨウの花から吸蜜するホウジャクさん。

f:id:yamamayuga:20211006003129j:plain

ハチのような飛び方するけど、スズメガ科に属する昼行性の蛾で、ホバリングしながら長い口吻を伸ばして吸蜜する姿がカワイイ♪
近縁種のオオスカシバよりも色が少なく、パッと見はホシホウジャクかと思ったけど、よく見るとヒメクロホウジャクかな?と思う。

YouTubeでオオスカシバのすばらしい羽化映像を見つけたので、貼っときます。

羽化したては鱗粉があり、処女飛行で鱗粉が落ち、翅が透明になるのがオオスカシバ。
一方ホウジャクの翅はずっと茶系の鱗粉があり、止まって休んでる時は戦闘機フォルムの茶色い蛾です^^

次は前回記事にしたスカイランドHARADAにて、地面に止まったトンボ。

f:id:yamamayuga:20211006003708j:plain

何トンボだろう?名前がわからず。
こげ茶のような黒のような、シックな色したスレンダーボディが渋い。

正面からお顔拝見。

f:id:yamamayuga:20211006003734j:plain

どのトンボも顔は似たり寄ったりですね^▽^

スカイランドHARADAで飛行機を撮る

緊急事態宣言が明けて1発目のお出かけは、近場に自宅から徒歩で、密とは無縁のスカイランドHARADAへ。

f:id:yamamayuga:20211003002933j:plain

伊丹空港周辺の飛行機撮影スポットとして以前、伊丹スカイパークと千里川堤防とエアフロントオアシス下河原を記事にしましたが、スカイランドHARADAは千里川堤防と伊丹スカイパークの中間地点にある。

HARADAは豊中市原田という地名を指すけど、ここは大阪府豊中市なのか?兵庫県伊丹市なのか?という立地。

f:id:yamamayuga:20211003003053j:plain

兵庫県県花ノジギク柄マンホールが管理事務所前に飾ってあるってことは、伊丹側なのかな?と住所を調べたら、豊中市原田に隣接する伊丹市岩屋。
ここが大阪じゃないこと、今まで知らんかった^^;

停まってるANA機を背景に、滑走路を走るJAL機。

f:id:yamamayuga:20211003003118j:plain

滑走路の眺めは伊丹スカイパークや千里川堤防ほど至近距離ではないので、近眼の人にはオススメしないけど、ズーム撮影には最適やし、部屋にいることが増えて目が疲れやすかった昨今、この距離を眺めるのは目がラク

JAL機が滑走路を曲がって、手前の滑走路を走ってきた。

f:id:yamamayuga:20211003003152j:plain

そして、飛び立つ。

f:id:yamamayuga:20211003003206j:plain

スカイランドHARADAは下水処理場の屋上を広場にした公園で、植物や水のせせらぎもあり、名前わからないトンボに出会った。
とか書くと期待値を上げてしまいますが(汗)、地味で渋いトンボでして、その写真は次回アップします。

停まってるANAジェット機を背景に、滑走路を走りはじめるANAプロペラ機。

f:id:yamamayuga:20211003003233j:plain

こちらは曲がることなく直進して、そのまま飛び立つ。

f:id:yamamayuga:20211003003246j:plain

上空を離着陸体勢の飛行機が低空で通過する地域に住んでるけど、実際の離発着の瞬間を目にすると、やはりワクワクする^o^