自由悠遊

サイクリング・ハイキング・旅先・散歩先で撮った、風景・名所旧跡・動植物

亀に乗った観音様のお寺・総持寺

同名のお寺は各地にあるようですが、大阪府茨木市にある西国三十三所第22番札所の総持寺について。

亀のオブジェの上に寺院名^o^
御本尊は千手観音、秘仏なので見られないけど、亀の背中に乗ってるそうです。
なぜ亀づくしかというと、、、

開基の藤原山蔭の父は、漁師が亀を捕らえてるのを見て、亀を買い取って逃がした。
その日の夜、息子の山蔭が継母によって川に落とされてしまう。
悲しんで観音様に祈ったところ、助けた亀が息子を甲羅に乗せて現れた。
父の死後、山蔭が報恩のためにこちらのお寺を建てた、という伝説があるため。

そんな総持寺は879年に創建され、今昔物語にも登場する古刹で、JRと阪急電車の駅名にもなってる。

山門は堂々とした楼門形式。

立派なお寺さんで、住宅街の1ブロックすべて総持寺の境内。

右に本堂、となりに金堂、左に鐘楼、手前にハスを入れて撮影。

別の角度から本堂と金堂をのぞむ。

右に本堂、左に金堂、手前に庭園の一部を入れて撮影。

庭園の池に閻魔堂。

左下の石の配置に注目、亀の形になってる!

閻魔堂の建つ池では鯉が泳いでたけど、となりの池では、

本物の亀がくつろいでた^▽^
以前記事にしたことあるイシガメですね。

境内に包丁塚。

開基の藤原山蔭は包丁道の祖としてもあがめられており、料理上達のご利益あり。

ヤカーリング発祥地・三津屋商店街

大阪市淀川区にある阪急神崎川駅から西へ伸びる通り。

神崎川というのはすぐ近くを流れる川の名前で、地名は三津屋。

駅前の通りも商店街になってるけど、その中にさらに商店街の出入口がある。

ここから南へ500mほど、途中でカーブしながらアーケードがつづく。
今は日が長いので、まだ空が薄明るいけど、撮影時間帯は夜7時台。

アーケードの中へ。

タイトルのヤカーリングというのは、冬季オリンピック種目のカーリング風に、そのカーリングのストーンのかわりに、キャスターのついたやかんを転がす競技だそうでw
ネットで画像検索すると、やかんが転がってるシュールな写真がいっぱい出てきますw

左へ右へと曲がりくねるアーケード。

後半シャッターが多いのは、営業してないのか日中は営業してるのかは不明。
以前歩いた時、アーケードの天井から巨大やかんのオブジェが吊り下がってたけどw、あれは撤去されてしまったのかな?残念^^;

南側の出入口。

昭和の香りもローカル感も満載の商店街です♪

ツチイナゴと秋の七草と好きだった給食

関西は6月中旬に梅雨入りして、28日に梅雨明け宣言が出て、全国的な傾向に同じく、早っ!!梅雨短っ@o@
もう初夏の「蒸し暑さ」ではなく、盛夏の「クソ暑さ」ですねw

梅雨明け直前、河川敷の散歩コースを歩いてたら、全長5cmぐらいの昆虫がピョーンと飛び跳ねた。

もうトノサマバッタかクルマバッタの成虫?と思って撮影したけど、よく見るとツチイナゴの成虫(冬も含めて10月~6月に見られる)なので、時期的にご高齢イナゴさんでしょうか^^

正面からお顔を拝見したくて、そーっと少しずつ回りこむも・・・。

まもなく飛び跳ねて逃げられる(苦笑)
イナゴさ~ん、食べへんから逃げんといて~^▽^;

逃げた先の葉上にいるとこを、何とか1枚だけ撮影。

ちなみに、猪名川河川敷の左岸で見つけました。

別ルートの散歩コースにある公園にて。

オミナエシの奥に咲いてる青紫の花はキキョウ。
どちらも秋の七草ですが、6月から咲いてるんですね。

ここからはOisix特別お題キャンペーンの「#好きだった給食」に投稿。

Oisix(オイシックス)×はてなブログ 特別お題キャンペーン
by Oisix(オイシックス)

めっちゃベタやけど、カレーライス。
厳密にはカレーライスの付け合わせの福神漬が好きで(ってそっちかい!)、福神漬ライスの付け合わせがカレーでも、福神漬カレーの付け合わせがライスでも良いぐらいw

カレーのように小学生の人気メニューは、大盛にしてもらおうと給食当番に根回しする子多くて競争率高かったけど、福神漬は競争率低くてw、根回しがまかり通った^o^
ちなみに、大人になって中年になった今好きな漬物は、ネギキムチと泉州の水なす♪

たそがれ時の田んぼのカモとアリの巣

日が暮れゆく時間帯に工場地帯を歩いてたら、田んぼに1羽のカルガモ発見。

約1週間前の夜7時台に撮影、日の長い季節はこの時間帯でも薄明るいのがうれしい。
大阪近郊の田植え時期は6月(5月の地域もあり)、田植え直後の水面の見える田んぼに日暮れが似合う♪

エサを見つけたのでしょうか、ついばむカモさん。

この写真だけ見ると、緑豊かな風景を連想されるかもしれないけど、何しろ工場地帯。
周辺は緑ではなく、工場と倉庫とトラック豊かな風景で、ポツンと一軒家ならぬポツンと一枚田です^^;

休日の日中は昆虫を探してさまよう。
蝶は飛んでるけど、なかなか止まってくれず、今年まだモンシロチョウしか撮影できてない。

もう昆虫なら何でもええわ的に、花壇のアリの巣をひたすら接写してたら(←何してんねんw)、1枚だけアリさんの顔が写った。

左上の全身像はピンボケてますが、巣穴の上のほうに逆さ向きに顔だけ出してるアリがいるの、わかりますか?
アリってこんないかつい顔してるんですね、はじめて見た!
「顔面に黒タイツかぶって、グラサンと防毒マスクつけた」みたいな^▽^

あじさい咲く矢田寺2

つづき

境内のあじさい庭園にて。

庭園といっても平地ではなく、山道のような所に順路がある。
当時はコロナ前で、順路は行列ができており、あじさいも人も満開だったw

閻魔堂とあじさい。

矢田寺の裏山は巡拝路になっていて、ハイキングコースにつながってるけど、この時は猛暑だったし、近隣の駐車場に自転車置いてたから縦走できないし、ハイキングはしなかった^^;

春日神社とあじさい。

本殿は国重文に指定されてる。

以下は見本園で咲いてたあじさいの中から、気になった品種を。

三河ちどりはこう見えてガクあじさいなんですよ!
通常あじさいにある装飾花がなく、両性花が手まり状になって咲いてる@o@
紅手まりは花色が白→ピンクの縁取り→紅へと変化していくあじさい。

日向青。

中心の両性花の部分が少なく、シチダンカに似た咲き方♪
シチダンカは両性花が退化し、周囲の装飾花だけが輪のように咲くあじさい。)