自由悠遊

サイクリング・ハイキング・旅先で撮った、風景・名所旧跡・動植物(特に昆虫)

葛城古道の彼岸花と寺社1

昨年の今頃、折り畳み自転車を輪行して、奈良県御所市の葛城古道を散策した。
御所は「ごせ」と読み、金剛山および大和葛城山の奈良側ふもとエリア。

九品寺~葛城一言主神社極楽寺~橋本院~高天彦神社~高鴨神社と南下するコースが一般的ですが、私は先に高鴨神社へ向かい、山道を登った先にある橋本院と高天彦神社は行かず、高鴨神社~極楽寺葛城一言主神社~九品寺と北上して、そのまま大阪北西部の自宅まで自転車で帰った。

高鴨神社は日本最古の神社の1つで、弥生時代中期(古っ!)から祭祀を行う。

f:id:yamamayuga:20190920010008j:plain

京都の上賀茂神社下鴨神社が有名ですが、ここ高鴨神社が全国の加茂神社・鴨神社の総本社。

石垣の上に建つ社殿を池越しにのぞむ。

f:id:yamamayuga:20190920010025j:plain

左手前にもみじを入れて撮影、紅葉するとキレイかも、キレイ鴨♪

参道(上)を歩いて社殿(下)へ。

f:id:yamamayuga:20190920010042j:plain

f:id:yamamayuga:20190920010054j:plain

拝殿奥の本殿は1543年築、国重文に指定されてる。

次の極楽寺に向かう途中、橋本院へ通じる坂道を少し上がった所から、彼岸花越しに田園風景をのぞむ。

f:id:yamamayuga:20190920010110j:plain

このあたりの彼岸花はまだ咲きはじめだったけど、見晴らし良くて絶景☆〃

極楽寺興福寺の座主だった僧が951年に開創し、南北朝時代楠木正成祈願寺となった寺院。

f:id:yamamayuga:20190920010132j:plain

1614年に焼かれたが、右上に写ってる鐘楼門は残り、のちに再興した。

県道を走って葛城一言主神社が近づいてくると、道沿いに彼岸花が増えてくる。

f:id:yamamayuga:20190920010148j:plain

群生する彼岸花の赤、田んぼの黄緑、山の深緑、空の青、色のコントラストが縞模様を形成し、彩りキレイな3色弁当みたい^▽^

つづく

ナミアゲハとウラナミシジミ

吸蜜活動中のナミアゲハを撮影したら・・・。

f:id:yamamayuga:20190918050514j:plain

偶然カメラ目線的にこっち向いてくれた^o^
昆虫の複眼はみんなそんな感じだけど、目がクリクリッ。

目が大きいといえば、私は子どもの頃に遠視のメガネっ子で、ただでさえ顔が濃いほうなのに、遠視用メガネは凸レンズだから目が拡大されて、有名人の誰に似てるとかいう話になると、言われたのを覚えてます、「顔面に占める眼球面積が昆虫か仮面ライダーに似てる」って(爆)

その後成長とともに軽い近視になり、さらば凸レンズ。
成長してから幼少期を知ってる人に会うと、「意外と普通の目のサイズになってる!」と言われ、昔どんだけ目でかい思われててん(苦笑)

蝶の話に戻しまして、ウラナミシジミの翅を閉じた姿(上)と翅を広げた姿(下)。

f:id:yamamayuga:20190918050532j:plain

f:id:yamamayuga:20190918050546j:plain

シジミチョウはほとんどヤマトシジミしか見かけない近所で、珍しく出会えた♪

道ジュネー in 尼崎

先日の土曜日夜、尼崎市戸ノ内町で道ジュネーを見てきた。
戸ノ内は沖縄にルーツのある方が多く住む地域で、道ジュネーはエイサーを踊りながら町を練り歩く沖縄の旧盆行事。

f:id:yamamayuga:20190916002213j:plain

f:id:yamamayuga:20190916002228j:plain

夜に動き回る人をブレずに撮るのは非常に難しく、どの写真もピンボケ(汗)
2枚目はマシに見えるかもしれないけど、右の人達は決して扇子を持ってるわけではなく、太鼓を叩く右腕がブレてこうなった(苦笑)

写真はひどいけど、雰囲気が伝われば・・・。

f:id:yamamayuga:20190916002245j:plain

左端に写ってる、白塗り+頭に長いのをつけた方(名称がわからない^^;)が気になってたら、来ました!

f:id:yamamayuga:20190916002258j:plain

激しくブレてますが(汗)、独特のメイク^▽^

場所を移動して、再び演奏。

f:id:yamamayuga:20190916002312j:plain

f:id:yamamayuga:20190916002325j:plain

これを繰り返して戸ノ内町内を練り歩く。
伝統的な沖縄の音楽に合わせて叩かれる太鼓が迫力あり、楽しかった♪

モモノゴマダラメイガとワモンノメイガ

マンションの外壁に来訪してくれた、翅も腹部もチーター柄のメイガ。

f:id:yamamayuga:20190914022628j:plain

モモノゴマダラメイガ、キレイな蛾でしょ♪
ツマグロヒョウモンのオスを小さくして色薄くしたような風貌で^^

お顔拝見。

f:id:yamamayuga:20190914022650j:plain

頭を上にして止まってたけど、以前クサシロキヨトウの顔写真を撮った時と同じ方法で、上からのぞきこんで接写してから上下反転させた。

翅を縦に畳んで止まる、地味なメイガも飛来。

f:id:yamamayuga:20190914022703j:plain

たぶんワモンノメイガだと思う。

横顔拝見。

f:id:yamamayuga:20190914022715j:plain

ひょうきんなお顔立ちしてる^▽^
もしもしゃべれたら、きっとおもしろいヤツにちがいないw

新幹線公園の0系新幹線と電気機関車

サイクリングロードを走って、摂津市の新幹線公園に行ってみた。

f:id:yamamayuga:20190912025100j:plain

なつかしい0系新幹線、そうそう、昔は新幹線といえばこの形だった!
今見ると丸っこくてカワイイ*^^*

側面に案内板。

f:id:yamamayuga:20190912025117j:plain

0系は機械遺産に認定されてるそうです。

真正面から。

f:id:yamamayuga:20190912025134j:plain

お目目もお鼻も丸~い^o^
最近の新幹線はファンキーな顔してるけど、昔のは萌え系のお顔立ちw

私が行った時は平日でしたが、毎月第2・第4日曜日のみ内部公開され、各日の午前10時~12時までと午後2時~4時まで、車内と運転席に入ることができる。

f:id:yamamayuga:20190912025156j:plain

0系新幹線の後ろにEF15型電気機関車も展示されてる。

電気機関車をクローズアップ。

f:id:yamamayuga:20190912025211j:plain

EF15型は戦後の代表的な貨物列車けん引用の機関車。
こちらの車両は昭和29年製造~昭和58年廃車、当初は東海道本線などで働き、晩年は阪和線紀勢本線紀州みかんを輸送してたらしい。

右に電気機関車、左にJR貨物ターミナルのコンテナ群を入れて。

f:id:yamamayuga:20190912025227j:plain

新幹線公園の場所は、鳥飼車両基地に隣接するJR貨物ターミナルと安威川の間の堤防にあります。