自由悠遊

サイクリング・ハイキング・旅先で撮った、風景・名所旧跡・動植物(特に昆虫)

春の叡福寺と聖徳太子ファミリーの墓

つづき

再び自転車を走らせて、次は太子町の叡福寺へ向かう。
まったく同じ名前の町が兵庫県にもありますが、どちらも聖徳太子ゆかりの地で、こちらは大阪府南河内郡太子町。

叡福寺の駐車場から南大門をのぞむ。

f:id:yamamayuga:20200328010756j:plain

「聖徳皇太子磯長御廟」と刻まれてる通り、聖徳太子のお墓があるお寺さん。

南大門をくぐると広々した境内に、金堂(上)と多宝塔(中)@手前に桜を入れて。

f:id:yamamayuga:20200328010813j:plain

f:id:yamamayuga:20200328010823j:plain

多宝塔は国重文に指定されてる。
桜については、当記事が4年前の回想記なので、今年の開花状況は不明です^^;

金堂の後ろに建つ聖霊殿(下)。

f:id:yamamayuga:20200328010837j:plain

聖霊殿も国重文に指定されており、聖徳太子16歳像がまつられてる。

境内の位置関係。

f:id:yamamayuga:20200328010853j:plain

南大門と多宝塔を背に撮影して、左に半分切れて写ってるのが金堂、その後ろの建物が聖霊殿、その右の二天門の奥に聖徳太子御廟所がある。

二天門の正面(上)と聖徳太子御廟所(下)。

f:id:yamamayuga:20200328010908j:plain

f:id:yamamayuga:20200328010919j:plain

お墓は直径55mの円墳で、ここに聖徳太子聖徳太子の母・聖徳太子の妻、3人がファミリーで眠ってるzzz

聖徳太子の父の用明天皇は境内ではなく、ここから500mほど離れた所におられる。

f:id:yamamayuga:20200328010941j:plain

用明天皇陵、東西65m・南北60m・高さ10mの方墳。

桜咲く狭山池公園と近つ飛鳥風土記の丘

4年前の春にお花見と史跡めぐりを兼ねて、狭山池公園(大阪狭山市)~近つ飛鳥風土記の丘(河南町)~叡福寺(太子町)とサイクリングした時の記録。

南海電車狭山駅まで輪行して、まずは狭山池公園へ。

f:id:yamamayuga:20200326004415j:plain

狭山池は日本最古のダム式ため池で、国史跡に指定されてる。
どんだけ古いかというと、1404年前に造られ、古事記日本書紀にも記載がある。

右手に満開の桜並木、左手に狭山池を入れて。

f:id:yamamayuga:20200326004438j:plain

築造1400年を記念して、大きなアヒルさん(ラバーダッグ)が遊びに来てた^▽^

池の周囲は周遊路として整備され、約1000本の桜が植えられてる。

f:id:yamamayuga:20200326004455j:plain

見事な桜のトンネル♪
ここの桜はコシノヒガンというエドヒガン系の品種で、ソメイヨシノよりもほんの少しだけ早咲き。

桜のトンネルの中から池をのぞむ。

f:id:yamamayuga:20200326004510j:plain

次は狭山池公園から自転車こいで、PLの塔の前を通過して、寺内町の古い町並みも通過して、富田林市を横断して南河内郡河南町に入り、阪南ネオポリスの坂をガシガシ上がって、近つ飛鳥風土記の丘へ向かう。

近つ飛鳥風土記の丘は国史跡の一須賀古墳群が保存されてる史跡公園で、古墳の数は102基にもおよび、うち40基が見学可能。
古墳をめぐるハイキングコースが整備されており、ここから山道を登っていった。

f:id:yamamayuga:20200326004530j:plain

またまた桜のトンネル\(^o^)/
ここの桜はソメイヨシノで、同時に赤いツツジも咲きはじめてた。

D支群の古墳が点在する道を進むと、ひときわ大きなD-4号墳。

f:id:yamamayuga:20200326004542j:plain

直径25m×高さ2.3mの円墳、6世紀後半築。
穴をのぞきこむと、中から虫がいっぱい飛んできた(爆)

展望台からの眺め、このあと行く太子町方面をのぞむ。

f:id:yamamayuga:20200326004555j:plain

小さなこんもりは古墳、大きなこんもりは山、右端の2つ頂のある山は昨年登った二上山で、大阪府奈良県を隔てる。

E支群とB支群の古墳を見ながら下山して、B-9号墳と石棺。

f:id:yamamayuga:20200326004609j:plain

石室は6世紀後半のもの、石棺は当時の形式で復元されたもの。

つづく

今年初の蝶と開花宣言

少し前に今年はじめて見つけた蝶。

f:id:yamamayuga:20200324021227j:plain

翅表を見てないから自信ないけど、ムラサキシジミかな?

ムラサキシジミなら成虫越冬した個体ということになりますが、最近羽化したらしき、いかにも新しそうな翅したナミアゲハも。

f:id:yamamayuga:20200324021416j:plain

大きな夏型に比べると、春型はかなり小柄^^

東京よりも9日遅く、京都よりも1日遅い23日、大阪にも桜の開花宣言が出た。

f:id:yamamayuga:20200324021433j:plain

うちの近所のソメイヨシノ、さっそく咲いてる咲いてる~♪

幹から咲くソメイヨシノの花をアップで。

f:id:yamamayuga:20200324021445j:plain

いつも思うのですが、東京以南は開花の順番がアトランダムで、桜前線の図がピークの点在する等高線みたいな形になって、もはや桜「前線」の北上ちゃうやん^^;

長居植物園のサクラ属3種とムスカリ

サクラ属その1:陽光、全景(上)と近景feat.小鳥(下)。

f:id:yamamayuga:20200322003148j:plain

f:id:yamamayuga:20200322003201j:plain

陽光はソメイヨシノ由来のアマギヨシノと寒緋桜の交雑種で、ソメイヨシノよりも少しだけ早く咲く。
ピンクの大輪の花が満開で華やか♪

サクラ属その2:大寒桜、葉桜になりかけの全景(上)と近景(下)。

f:id:yamamayuga:20200322003226j:plain

f:id:yamamayuga:20200322003246j:plain

大寒桜は大島桜と寒緋桜の交雑種で、陽光よりもさらに少し花期が早い。

早咲きの桜については以前、以下の記事に河津桜やオカメ桜の写真をアップしましたが、河津桜→オカメ桜→大寒桜→陽光→ソメイヨシノの順番で咲く。

サクラ属その3:スモモ、全景(上)と近景(下)。

f:id:yamamayuga:20200322003313j:plain

f:id:yamamayuga:20200322003328j:plain

スモモは桜じゃないけど桜の仲間、まるで雪のように真っ白い花が青空に映える☆〃

ここまで木の上の花ばかり見てきて、ふと足元に目をやると。

f:id:yamamayuga:20200322003344j:plain

壮絶に満開のムスカリ、(うちの近所の人口密度のごとく)ムスカリ密度高っ^▽^

和歌浦の有名どころをザックリと

昔撮った写真を使って、国名勝に指定されてる和歌浦の名所をザックリご紹介。
最寄駅はJR紀三井寺駅になり、桜の名所の紀三井寺がある反対側・西口から出て、医大病院前の橋を渡った西側が和歌浦地区。

不老橋(上)と三断橋(下)。

f:id:yamamayuga:20200320051819j:plain

f:id:yamamayuga:20200320051832j:plain

不老橋は江戸時代、紀州藩主によって架けられた。
三断橋の先の緑のこんもりは妹背山、一帯の水は和歌川河口干潟。
風光明媚な景色と潮の香りが心地良い♪

三断橋を渡って妹背山へ向かうと、海禅院がある。

f:id:yamamayuga:20200320051847j:plain

f:id:yamamayuga:20200320051901j:plain

上は多宝塔、下は観海閣。

ここから北西へ1km弱の所に、紀州東照宮の鳥居。

f:id:yamamayuga:20200320051915j:plain

徳川家康徳川頼宣をまつる神社で、侍坂と呼ばれる急な石段108段を上がると、国重文に指定されてる楼門。

f:id:yamamayuga:20200320051930j:plain

極彩色の楼門は華やか、〇〇東照宮という名の所は派手な神社が多いですね。

f:id:yamamayuga:20200320051944j:plain

楼門をくぐると、正面にあるのは拝殿ではなく、これまた国重文の唐門。

f:id:yamamayuga:20200320051958j:plain

ここから先の有料エリアは入ってない^^;

今回はザックリすぎる記事になってしまいましたが(記事の内容薄っ!汗)、紀州東照宮のすぐ近くに和歌浦天満宮、前半の不老橋の所から南へ行くと片男波、もっと西へ行くと浪早ビーチや雑賀崎、と和歌浦にはほかにも見どころが多々あり、また改めて散策してみたい。