自由悠遊

サイクリング・ハイキング・旅先で撮った、風景・名所旧跡・動植物(特に昆虫)

大和郡山は金魚の町

本当は先月、奈良県大和郡山市の大和松尾寺にカサブランカを見に行きたかったのですが、梅雨が長引いて行きそびれた。
花を見るだけなら雨でも猛暑でも良いけど、ついでに低山歩きしようと思ってたから、今年はあきらめて、数年前に大和郡山を散策した時に撮った写真をアップします。

大和郡山は金魚の養殖がさかんで、金魚生産高は全国シェアの約4割を占める。
まずは田園地帯、田園を構成してるのは田んぼでも畑でもなく、、、

f:id:yamamayuga:20200810020857j:plain

そこらじゅう金魚の養殖池だらけ\(^o^)/

田園風景(というか養殖池風景)に囲まれた所に、郡山金魚資料館がある。

f:id:yamamayuga:20200810020920j:plain

青空教室ならぬ青空駐車場ならぬ青空資料館!

入館は無料で、中に入ってみると。

f:id:yamamayuga:20200810020958j:plain

f:id:yamamayuga:20200810021013j:plain

各水槽にいろんな種類の金魚がいて、金魚の生体資料館・泳ぐ図鑑という感じ。

個人的に気になった金魚。

f:id:yamamayuga:20200810021044j:plain

f:id:yamamayuga:20200810021058j:plain

上:紅白の金魚、まるで小さな鯉のよう♪
下:色とりどりの出目金、半透明の斑入りの出目金って珍しい@o@

次は市街地、掘割の残る古い町並みを散策。

f:id:yamamayuga:20200810021120j:plain

古風な建物は箱本館「紺屋」、江戸時代から藍染商を営んできた奥野家の建物を利用し、今は藍染資料館になってる。
のれんには藍と金魚が描かれ、入口前には本物の金魚がいて、通りの掘割には金魚柄が彫られてた。

とにかく金魚だらけで、看板にも金魚、マンホールにも金魚、歩道にも、、、

f:id:yamamayuga:20200810021140j:plain

やっぱり金魚\(^o^)/

クマゼミに求愛するアブラゼミ

朝の時間帯に大声で鳴く、体も鳴き声もでかいクマゼミ

f:id:yamamayuga:20200808030419j:plain

当地では最もメジャーなセミで、1匹でも声でかいのに、これがたくさんいると・・・とにかくうるさいですw

木の高い所にいることが多いクマゼミですが、この個体は比較的低い所にいたので、のぞきこんでお顔拝見。

f:id:yamamayuga:20200808030437j:plain

朝からうるさいクマゼミは午後になると静かになり、今度はアブラゼミが鳴きだす。

右上に鳴いてるアブラゼミのオス、左下のほうに休止中のクマゼミ、というコラボ。

f:id:yamamayuga:20200808030458j:plain

この枝は上のほうが手前に張り出してるため、遠近法でクマゼミが小さく見えますが、実際はアブラゼミよりもクマゼミのほうが大きい。

そのアブラゼミのオス、鳴きながらクマゼミににじり寄っていくではないですか。

f:id:yamamayuga:20200808030651j:plain

このあとしばらくの間、クマゼミアブラゼミにつきまとわれてた@o@
クマゼミの心の声を代弁すると、以下のような感じでしょうか。
ちょ、ちょ、ちょ、そこのアブラゼミのおっさん!言い寄る相手間違えてんで!
もぉ~せっかく休んでたのに、こんな時間(午後)に起こさんといてや~!

最後はアブラゼミアブラゼミをナンパしてフラれる、おもしろカワイイ動画を見つけたので、貼っときます。

音楽の選曲が秀逸でw、フラれたセミ君には悪いけど、笑ってしまった^▽^;

一庫ダムと一庫公園

3年前の真夏の猛暑日、自宅からMTBこいで一庫(ひとくら)ダムへ。

f:id:yamamayuga:20200806071709j:plain

一庫ダム猪名川に建設されたダムで、私はその恩恵を受けて生活する下流域の住人。

ダム湖の知名湖(ちみょうこ)沿いの街道を走って、一庫公園を目指しながら、南側から北方向をのぞむ。

f:id:yamamayuga:20200806071724j:plain

奥の赤い橋は知名さくら橋、正面の山は知名山。
ダム湖は人工的なものだけど、自然豊かで良い景色♪

ダムがあるのは兵庫県川西市ですが、いったん大阪府豊能町をへて、再び兵庫県川西市に入り、知明りんどう橋を渡ると一庫公園がある。
園内の湖畔の道を進みながら、南西方向をのぞむ。

f:id:yamamayuga:20200806071744j:plain

正面に一庫ダム、右奥に宝塚の山並みが見える。

湖畔の駐車場にMTBを置いて、360段の階段を上がっていくと、めっちゃ広々した丘に到着。

f:id:yamamayuga:20200806071802j:plain

すばらしき真夏の灼熱の日差し^▽^;
一庫公園は48.2haもある広大な公園、ここは丘の流れというエリアで、子ども達が水遊びしてた。

ネイチャーセンター前の炭焼窯。

f:id:yamamayuga:20200806071817j:plain

この地域は菊炭の名産地で、クヌギの木を窯で焼いて作られる。

ネイチャーセンター内に展示されてる菊炭。

f:id:yamamayuga:20200806071828j:plain

切り口が菊の花のように美しい☆〃
菊炭は火力が強くて火持ちも香りも良いことから、茶の湯に重宝されてる。

再びMTBを走らせて、湖畔の道から知名さくら橋を渡り、一庫公園をあとにして、西側から南東方向をのぞむ。

f:id:yamamayuga:20200806071846j:plain

知名湖に突き出た部分と、奥の青い橋の右側が兵庫県川西市、橋の左奥が大阪府豊能町、最奥に連なるのは箕面の山々。
ここから見えるのは、紅葉で有名な箕面大滝のある山よりも北の山並みで、それをさらに北西から見る格好。

ぐるりと知名湖の周囲を半時計回りして、一庫ダムの手前まで戻り、展望台からダムを眺める。

f:id:yamamayuga:20200806071905j:plain

犬鳴山ハイキング2七宝瀧寺

つづき

静寂の中を流れる、塔の滝。

f:id:yamamayuga:20200804015006j:plain

瑞龍門から先は聖域のため、水遊びする人いないから、静かで神秘的☆〃

しばらく歩いていくと、観音堂と赤い鳥居。

f:id:yamamayuga:20200804015020j:plain

鳥居の奥に進むと、いよいよお寺の境内らしくなってくる。
七宝瀧寺は661年に役行者によって開山された修験道の道場で、真言宗犬鳴派大本山

身代わり不動明王を見上げる。

f:id:yamamayuga:20200804015034j:plain

大きなブロンズ像!

赤くない鳥居をくぐって石段を上がり、本堂を通って行者の滝を目指す。

f:id:yamamayuga:20200804015049j:plain

鳥居の右手にお地蔵さんがおられて、まさに神仏習合

朱赤のお堂越しに、行者の滝をのぞむ。

f:id:yamamayuga:20200804015106j:plain

この滝は修行の場で、3月~11月までの第3日曜日に体験修行(要事前予約、10歳~70歳の体力に自信のある方のみ)することもできる、体験してないけど^^;
※1日修行体験は有料ですが、入山・拝観だけなら無料です。

行者の滝と行者くぐり岩。

f:id:yamamayuga:20200804015141j:plain

行者くぐり岩の上におられるのは役行者像。

山の中の斜面に建つ、本堂を振り返る。

f:id:yamamayuga:20200804015156j:plain

このあと来た道を引き返し、熊取駅まで自転車こいで、JRで輪行して帰った。

犬鳴山ハイキング1夏の渓谷

つづき

犬鳴山は大阪府泉佐野市と和歌山県紀の川市の府県境近くの大阪側、犬鳴渓谷一帯の総称でもあり、そこにある修験道霊場七宝瀧寺山号でもある。

駐車場に自転車を置いて、温泉街の舗装路を抜けて、参道の入口へ。

f:id:yamamayuga:20200802052440j:plain

神聖な雰囲気、静かであれば^^;
人が入らないように撮影しましたが、ここから瑞龍門(後述)の手前までは水遊びができるため、今年はどうかわからないけど、私が行った4年前の夏休みシーズンは子連れファミリーだらけで、めっちゃにぎやかだった^^;

犬鳴川沿いに岩畳の山道。

f:id:yamamayuga:20200802052453j:plain

しばらく登っていくと、大小いろんな滝が見えてくる。

両界の滝の下を流れ落ちる滝。

f:id:yamamayuga:20200802052508j:plain

常に子ども達が水遊びしており、人を入れずに撮影するのが難しく、この時は数人だったけど、帰りに同じ所を通ったら、水の中が人で芋洗い状態になってたww

両界の滝(上)と、両界の滝の上を流れる滝@奥に木橋を入れて(下)。

f:id:yamamayuga:20200802052527j:plain

f:id:yamamayuga:20200802052543j:plain

マイナスイオンたっぷり~♪

もう少し歩いていくと、瑞龍門。

f:id:yamamayuga:20200802052559j:plain

水遊びができるのはここまでで、ここから先は聖域になり、雰囲気が一変する。

犬鳴川と赤い橋。

f:id:yamamayuga:20200802052616j:plain

神仏習合の集大成のような(?)所で、沿道にいろんな神社の建つ地道を歩いて、七宝瀧寺の本堂を目指す。

つづく