自由悠遊

サイクリング・ハイキング・旅先で撮った、風景・名所旧跡・動植物(特に昆虫)

ハイキング

台風年の初冬の箕面公園

3年前の12月半ば、箕面公園昆虫館に行ったついでに、付近を散策して撮った写真を。この年は秋の台風の影響で、滝道が途中から通行止めで、箕面大滝の所までは行かれなかったので、昆虫館の周辺をぶらつく。 658年に役行者が開山した瀧安寺。 上:瑞雲橋の奥…

晩秋の信貴山2塔頭から山頂へ

つづき もみじの写真は前記事でアップしたので、今度はイチョウの写真を。 塔頭の成福院を背景に、イチョウとコラボさせたつもりでしたが、イチョウに隠れて成福院どれ?って感じですね(爆) 成福院の奥に塔頭の玉蔵院があり、こちらの石段から眺めると。 …

河内飯盛山ハイク2四條畷神社へ下山

つづき 山頂に飯盛城址の石碑(上)と、四條畷の戦いで戦った楠木正行公像(下)。 このあたりの桜は落葉済み、何だかわからない木は黄葉、それ以外は照葉樹で、野崎観音ではまだ早かったもみじが、山の上では色づいてるかと思ったら、そもそも山頂付近にも…

河内飯盛山ハイク1野崎観音から入山

数年前の今頃の時期、JR野崎駅~野崎観音~河内飯盛山~四條畷神社~JR四条駅とハイキングした時の記録。河内飯盛山は生駒山地北部の大阪側、大東市と四條畷市にまたがる標高314.3mの低山で、山頂一帯には城跡と古戦場がある。 大東市のJR野崎駅から参道商店…

芦屋ロックガーデン

芦屋ロックガーデンは東六甲にある岩場で、日本のロッククライミング発祥の地。ロッククライミングのゲレンデでありながら、ロッククライミングができなくても歩けるルートもあり、人気のハイキングスポット。 3年前の今頃の時期、阪急芦屋川駅から芦屋川沿…

ススキなびく曽爾高原と亀山ハイキング

つづき 曽爾高原は倶留尊山(標高1038m)と亀山(標高849m)の西側斜面に広がる高原。ススキ越しにのぞむ。 ススキに隠れかけてる左奥が倶留尊山、右側が亀山。 ススキの群生する道を行く、その1。 山のV字にくびれてるのは亀山峠、その右側が亀山、これから…

香落渓をへて曽爾高原へ

奈良県曽爾村と三重県名張市の境目の奈良側に位置する曽爾高原は、ススキの名所として有名だが、曽爾村には鉄道が通っておらず、名張市から出るバスは本数が多くない。ってわけで、近鉄電車で名張駅まで折り畳み自転車を輪行して、曽爾高原までヒルクライム…

見晴らしの良い花山院菩提寺

山の上に建つ西国三十三所札所として、大阪府和泉市の槇尾山施福寺を以前ご紹介しましたが、今回は兵庫県三田市の東光山(標高421.3m)の標高395m付近に建つ、西国三十三所番外札所の花山院菩提寺について。 山道歩きが必須の槇尾山施福寺と異なり、こちらは…

朝の宇治の神社と仏徳山からの展望

早朝の宇治神社。 鳥居の奥に中門、朝日がすがすがしい☆〃 中門の奥に本殿、斜めから撮影。 右の渋い建物が本殿、鎌倉時代前期築、国重文に指定されてる。 次は世界遺産の宇治上神社。 これを撮影したのは最近ではなく、コロナ前のインバウンド時代真っ只中…

奥明日香の棚田と彼岸花と案山子2

つづき ※3年前の彼岸花祭りと案山子コンテストを振り返ってます。 左手前に老夫婦らしき案山子、右奥に忍者のジャンボ案山子。 ペアの案山子は女性のほうが元気そうで、おじいちゃんとヘルパーさんかと思ったけど、ヘルパーさんはこんな服装しないから、農家…

奥明日香の棚田と彼岸花と案山子1

3年前の初秋、近鉄飛鳥駅から自転車ではなく徒歩で、石造物めぐりなどをしながら歩いて、マラ石を通過して。 駅前から寄り道含めて片道8kmほど歩いて、明日香村の奥地の稲渕地区へ。 ここは日本の棚田百選にも、日本の里百選にも選ばれており。 見事な棚田が…

槇尾山施福寺+α

今は晩夏ですが、少し季節を巻き戻して、一昨年の初夏の話。河内長野まで折り畳み自転車を輪行して、南海三日市町駅~ササユリ咲く勝光寺(ここまで河内長野市)~槇尾山施福寺(和泉市)~積川神社(岸和田市)~JR和泉府中駅(和泉市)とサイクリングした…

犬鳴山ハイキング2七宝瀧寺

つづき 静寂の中を流れる、塔の滝。 瑞龍門から先は聖域のため、水遊びする人いないから、静かで神秘的☆〃 しばらく歩いていくと、観音堂と赤い鳥居。 鳥居の奥に進むと、いよいよお寺の境内らしくなってくる。七宝瀧寺は661年に役行者によって開山された修…

犬鳴山ハイキング1夏の渓谷

つづき 犬鳴山は大阪府泉佐野市と和歌山県紀の川市の府県境近くの大阪側、犬鳴渓谷一帯の総称でもあり、そこにある修験道の霊場・七宝瀧寺の山号でもある。 駐車場に自転車を置いて、温泉街の舗装路を抜けて、参道の入口へ。 神聖な雰囲気、静かであれば^^;…

あじさい咲く大野山

一昨年7月10日、兵庫県猪名川町の最北端・丹波篠山市のすぐ手前に位置する大野山(標高753.5m)まで、往復約100kmサイクリングした時の記録。尼崎市と伊丹市を通過して、川西市で12号線に入って北上し、猪名川町に入ってからも12号線を北へ北へ進んで、杉生…

横山展望台から英虞湾を眺める

つづき 中之郷駅から近鉄電車に乗って、次は鳥羽市から志摩市へ。志摩横山駅で下車し、西へ舗装路を歩くこと約40分で横山ビジターセンターに着く。そこから山道を登ること約10分で横山展望台に到着し、こんな眺めを堪能する。 美しい英虞湾のリアス式海岸が…

鳥羽の海の眺めと鳥羽城跡

伊勢は式年遷宮の年に伊勢神宮を訪れたので、今度は伊勢を通過して、数年前に鳥羽と志摩を日帰り旅した。伊勢・志摩とセットで呼ばれることが多いけど、両者はそこそこ離れていて、伊勢の市街地から志摩の市街地まで電車で1時間ぐらいかかり、その中間に鳥羽…

六甲山最高峰縦走サイクリング

今乗ってるエンジ色のMTBよりも1台前のMTBに乗ってた頃、先日記事にした北山緑化植物園の前を通過して、六甲山(最高標高931m)を自転車で登り、山上の観光スポットをめぐりながら縦走した記録。 北山緑化植物園を通過してから16号線に合流し、それまでも坂…

国宝・重文だらけの石清水八幡宮

5年前に京都府八幡市(やわたし)の石清水(いわしみず)八幡宮を訪れた。日本三大八幡宮の1つで、標高143mの男山の山上に鎮座し、国宝・重文が多々。創建は平安時代初期と古く、境内は国史跡に指定されてる。 表参道をのんびり登ること40分ほどで、南総門が…

春のポンポン山3山頂へ(珍事あり)

つづき ※3年前にハイキングしたポンポン山の回想記完結編。 本山寺の本堂右奥の山道をたどっても東海自然歩道に合流できるけど、石段を下りてトイレに立ち寄ったついでに、そのまま勧請掛の手前まで戻る。 東海自然歩道はここまで舗装路だったけど、この先は…

春のポンポン山2本山寺も新緑

つづき ※3年前に行ったポンポン山サイクリング&ハイキングを回想してます。 神峯山寺をあとにして、東海自然歩道をヒルクライムしていくと、本山寺の駐車場があり、車両が入れるのはここまで。 ここから先は歩行者のみ通行でき、本山寺まで0.9km、山頂まで4…

春のポンポン山1新緑の神峯山寺

3年前のGW、大阪府高槻市と京都市西京区の境にあるポンポン山(標高約679m)へ。高槻側のふもとに神峯山寺、中腹に本山寺があり、本山寺の駐車場まで自転車で、そこから山頂まで徒歩で、サイクリング&ハイキングした回想記。 自宅からMTBで片道30kmほど走る…

尾道お寺めぐり

しまなみ海道の四国側・今治の記事を以前書いたけど、今回は7年前のGW前、尾道側を散策した時の回想記。 ちなみに、しまなみ海道は渡ったことがなく、尾道ではひたすらお寺をめぐった。JR尾道駅から浄土寺下までバス移動し、まずは浄土寺へ。 浄土寺の境内、…

桜咲く狭山池公園と近つ飛鳥風土記の丘

4年前の春にお花見と史跡めぐりを兼ねて、狭山池公園(大阪狭山市)~近つ飛鳥風土記の丘(河南町)~叡福寺(太子町)とサイクリングした時の記録。 南海電車で狭山駅まで輪行して、まずは狭山池公園へ。 狭山池は日本最古のダム式ため池で、国史跡に指定さ…

賀名生梅林とおまけに五條新町

5年前の今頃の時期、奈良のJR五条駅まで輪行して、自転車こいで賀名生(あのう)を訪れた。賀名生は五條市の山間部(旧西吉野村)に位置する、南北朝時代に南朝の皇居があった地で、まずは賀名生の里歴史公園に到着。 堀家住宅・賀名生皇居跡、国重文に指定…

摩耶山天上寺から穂高湖と長峰山をへて

つづき 掬星台から北へ歩いて、摩耶別山にある現在の天上寺に向かう。天上寺は646年にインドの高僧によって創建され、1976年に火災によって焼失し、のちに復興された。 山門をくぐるとまもなく、ご本尊の摩耶夫人(お釈迦様のお母様)をまつる天竺堂。 独特…

上野道と青谷道から摩耶山へ

神戸の摩耶山でハイキングした時の記録。摩耶山は夜景スポットとしてもハイキングスポットとしてもメジャーな、六甲山系の標高約700mの山。 阪急王子公園駅から摩耶ケーブル乗り場へ向かって歩き、ケーブルには乗らずに左手の小道を歩いていくと、五鬼城展望…

松山城ハイキング

一昨年の梅咲く頃、LCCのセールで関空~松山が片道1990円になってまして。自宅から関空までの電車賃が片道1000円以上かかるので、実質的には片道3000円超ですが、それでも安いので、これは行くしかない!と無理やり休み作って行ったのだった^^ 松山空港に到…

星のブランコ in ほしだ園地

冬に交野市のほしだ園地でプチハイキングした時の記録。交野は「かたの」と読み、奈良県に一部接する大阪府北東部の市で、京都府にも近い。 しばらく天野川沿いの遊歩道を歩いていくと、ピトンの小屋という案内所があり、その向かいにクライミングウォール。…

天王山山頂から宝積寺へ下山

つづき 最後にひと登りして、山崎城のあった天王山の山頂(標高270m)へ。 ここは本丸跡、酒解神社から登ることわずか5分^o^ 井戸跡。 山崎城は山崎の戦いで明智光秀を破った後~大阪城が築城するまで、豊臣秀吉が本拠地としていた。 宝積寺方面へ下山途中、…