自由悠遊

サイクリング・ハイキング・旅先で撮った、風景・名所旧跡・動植物(特に昆虫)

善利組足軽屋敷から花しょうぶ通りへ

3~4年前に散策した、彦根の穴場スポットをご紹介。
有名な彦根城を見た後、城郭エリア南側の京橋を渡ると、城下町の伝統を継承して整備されたキャッスルロードが数百mつづく。
ここまでは穴場ではなく、定番の観光コース。

いろんなお店が軒を連ねるキャッスルロードを抜けて、まずは芹橋地区へ。
江戸時代に足軽という歩兵が配置され、城下町を守ってきた地域で、現在も当時の足軽屋敷が残っており、その中の善利組の屋敷を見学した。

f:id:yamamayuga:20200712065829j:plain

善利組の旧磯島家住宅、左端部分に辻番所がつながってる。

番所はのぞき窓から道の様子を見通す施設。

f:id:yamamayuga:20200712065844j:plain

江戸時代には不審者を監視する目的で、足軽が交代で番をしてたそうです。

ちょうど無料公開日だったので、中に入ってみる。

f:id:yamamayuga:20200712065909j:plain

1枚目の門をくぐって、玄関に入る手前左手に前庭、奥に辻番所、右側は住居部分。

玄関から中をのぞむ。

f:id:yamamayuga:20200712065924j:plain

梁のある天井の高い屋内で、通路沿いに台所、その奥に座敷がある。

座敷に上がって撮影。

f:id:yamamayuga:20200712065937j:plain

上は中2階、今風にいうとロフト?
左上のはしごのようなのは上げ下ろしできる階段で、使わない時は上げておく。

次は芹橋地区のとなりの河原地区へ。
河原地区は城下町の南東部に形成された商屋町で、ちょうど重伝建に指定されたてホヤホヤの、花しょうぶ通り商店街を歩いた。

f:id:yamamayuga:20200712065954j:plain

f:id:yamamayuga:20200712070005j:plain

彦根城の城下町からここまで来ると、あちこちに掲げられてるのが、井伊家の「井」から石田家の「大一大万大吉」に変わる^^