自由悠遊

サイクリング・ハイキング・旅先で撮った、風景・名所旧跡・動植物(特に昆虫)

屯鶴峯から二上山雌岳へ

大阪府羽曳野市近鉄上ノ太子駅から歩いて、奈良県香芝市の奇勝・屯鶴峯(どんづるぼう)へ。

f:id:yamamayuga:20190802175810j:plain

f:id:yamamayuga:20190802175827j:plain

大昔に火山岩屑が沈積したものが隆起して露出し、1500万年の風化と浸食によって奇岩群となった岩山で、奈良県の天然記念物に指定されてる。
白い岩と新緑のコントラストが鮮やかだった☆〃

屯鶴峯は二上山大和葛城山金剛山岩湧山槇尾山を結ぶダイヤモンドトレールの北の起点でもあり、このあとダイヤモンドトレールを歩いて二上山へ向かう途中、山道で咲いてた花達を。

落葉性のツツジ

f:id:yamamayuga:20190802175847j:plain

ツツジかわからないけど、おしべの本数や葉の大きさからして、コバノミツバツツジではない。

キジムシロ(上)とスミレ(下)。

f:id:yamamayuga:20190802175903j:plain

f:id:yamamayuga:20190802175916j:plain

写真撮ってないけど、このスミレよりも色の薄いタチツボスミレもいっぱい咲いてた。

二上山大阪府奈良県をへだてる金剛山地の北端に位置し、雄岳(標高517m)と雌岳(標高474m)の2つの頂がある山で、標高は雄岳のほうが高いけど、展望が良いのは雌岳のほう。
今回は時間がなかったので、雌岳だけ登って下山することに。

日時計のある雌岳の山頂に到着。

f:id:yamamayuga:20190802180009j:plain

両端の木は桜なんですが、山上とはいえ、さすがにもう散ってた^^;

雌岳の山頂から奈良盆地を見渡す。

f:id:yamamayuga:20190802180027j:plain

ちなみに、ダイヤモンドトレールという登山道名の由来は、金剛山にちなんで金剛石=ダイヤモンドから命名されたそうです。