自由悠遊

サイクリング・ハイキング・旅先で撮った、風景・名所旧跡・動植物(特に昆虫)

藤白坂2塔下王子と御所の芝まで

つづき

藤白坂を歩き進めていくと、落ち葉の多いエリアがあったり(上)、竹の多いエリアがあったり(下)。

f:id:yamamayuga:20190829062233j:plain

f:id:yamamayuga:20190829062256j:plain

なかなか歩きごたえのある、ステキな山道♪

しばらく行くと、藤白伝承遺跡の筆捨松(上)と硯石(下)。

f:id:yamamayuga:20190829062312j:plain

f:id:yamamayuga:20190829062324j:plain

筆捨松は左の囲いの中で支えられてる、2本の華奢な松。

山道をもう少し登っていくと、藤白峠の塔下(とうげ)王子・地蔵峰寺に着く。

f:id:yamamayuga:20190829062338j:plain

通称は峠の地蔵さん、写真の本堂は国重文。
このあと展望スポットである御所の芝に立ち寄る。

海の眺め。

f:id:yamamayuga:20190829062351j:plain

和歌浦がよく見える^o^
海に突き出る中央の深緑の横長のは片男波、葉っぱに半分隠れてる左手前の人工島はマリーナシティ。(マリーナシティについては、次回記事にします。)

街の眺め。

f:id:yamamayuga:20190829062405j:plain

入江のようになってる右側一帯は海南市、その奥は和歌山市、最奥の山の連なりは紀泉アルプス、その向こうは大阪府

ちなみに、海の眺めの右側のつづきが街の眺め。
倍率がちがうので、横に並べてもつながらないけど、海写真右下と街写真左下の鉄塔2本は同一。

この先のルートの選択肢は、ロングコースの紀伊宮原まで熊野古道を歩くか、次の橘本王子まで熊野古道を歩いてから、県道を通って加茂郷(紀伊宮原よりも4駅手前)にエスケープするか、マイナーな山道を下りて冷水浦(加茂郷よりも1駅手前)にエスケープするか。

峠の地蔵さんから御所の芝に行く途中、最短ルートの冷水浦への案内板があり、そこから下山したら道が荒れていて、途中から倒木だらけで道が不明瞭になり、後半はヤブこぎ状態になり、クモの巣まみれになりながら下りてきた^^;
天パのモジャ頭にクモの糸が絡まると、なかなか取れないんですよね(苦笑)